近頃では政府の働き方改革により、残業しちゃダメ!有給をちゃんと取りなさい!との指導が厳しくなりましたがアニメ制作会社ではどういう変化があるんでしょうか…。ということで、またもや特集として夜のアニメ会社たちを巡ってみたいと思います!

念のため、これはアニメ会社の働き方を非難することを目的とするものではありません!また、写真は深夜0時からの深夜帯に撮影しております!


ということで早速やってきたのは天下の日本アニメーションであります!時間は深夜0時ピッタリ、ファミリー向けの健全な作品を得意とする日アニが、ファミリーの寝静まる不健全な深夜帯にお仕事してるはずがありません!てことで、一部電気はついてるものの会社自体が稼働してる雰囲気はなくシ~ンと静まり返っております

日アニ-2
聖蹟桜ヶ丘の奥地であるこのあたりってとっても閑静な住宅街なんで、この時間ともなると物音ひとつしません!こんな場所でバタバタと出入りしてたらご近所から苦情が来ちゃいそうですが、さすが天下の日アニですね!騒音レベルは完全に0デシベルです!


こちらは国分寺駅最寄り、つい最近かつてのジーベック跡地に引っ越したばっかりのCステーションですが~…しっかり活動してますね!人気の『ゆるキャン△』の2期、劇場版を控えけっこう忙しい状況だったりするんでしょうか??大変だとは思いますが…期待してます!


国分寺から三鷹に移動してやってきたのはこちらシルバーリンクであります。会社の入っている3階、4階としっかり電気がついとりますが、もちろん電気がついてるからと言ってフル稼働!ってわけじゃありません!作品制作のお仕事は一日ごとの決まったお仕事じゃなく完成までがひとつのお仕事ですからね、夜のほうが気分の乗るスタッフもいらっしゃる…ということもあります。とはいえ、シルバーリンク4階の海外部については深夜帯が本番て感じなんでしょうか??


一方シルバーリンクの子会社であるコネクトは真っ暗ですが~…

コネクト-2
と思ったら奥の方でなんかやってます!何度も言いますが、これはアニメ会社の働き方についてどーのこーの言うための記事ではなく、むしろアニメを楽しむ者としてはこんな時間まで作品をつくっていてくれているなんて…という感謝の念すら持っています!

ブレベ-1


こちらは最寄りのブレインズ・ベースですが、なんだかここって24時間365日誰かしらいるってイメージがあります。もちろん勝手なイメージです!このビルは一棟まるごとブレインズ・ベースなわけですがシャワー室なんてあったりするんでしょうか

ぴえろ-1


多くのアニメ会社がいたって普通のビルだったりするなか、ここはわかりやすいですね~!夜の姿も美しい~!こんなにも妖艶な雰囲気ただようアニメ会社が他にありますでしょうか…!

4℃-1

4℃-2
STUDIO 4℃

こちらは劇場作『海獣の子供』で話題となったスタジオ4℃ですが、つい最近同社の制作進行スタッフから未払い残業代の支払い、労働環境の改善を巡る訴えがあったことでも話題になりました。それを受けてかここを訪れた深夜2時頃には一部を残し静まりかえっております。劇場作も終わったしそもそもフル稼働の必要もないかとも思いますが

4℃では裁量労働制を採用しているってことで、これは大雑把に言えば、作品が出来上がるまでがお仕事のくくりなので決められた労働時間はないよ!ってことなんですが、なんだか労働時間以外にも大変な内情があったんじゃないか…なーんて考えちゃうんですが…。まっそんな邪推は置いといて、スタジオ4℃は吉祥寺のドえらいわかりずらい路地にあるわけですが、またあらためて訪問してみたいと思います!


吉祥寺から少し離れた場所にあるスタジオディーンですが、ここは働き方改革の指導により労働時間についてしっかり守っていると聞きます!が、その分のしわ寄せが大変!とも聞きます

ディーン-2
なんだかディーンって器用貧乏というかマジメという勝手なイメージがあるんですけど…作品を他社に持ってかれちゃうって不憫さからでしょうか。ディーン好きなんですけどね!


気づけば今回の特集は中央線沿いの会社ばっかりな感がありますが、こちらは西荻窪駅最寄りにあるカラーであります!念のため、左にある入口はお隣の美容室のものです!

カラー-2

カラー-3
随分明るく電気がついとりますが…2020年に公開予定のエヴァ劇場作を鋭意制作中ってところでしょうか。かつて庵野監督はガイナックス所属時代に、おうちでひとり寂しく眠れない時にはいつでも誰かしらがいるスタジオにわざわざ出向いて眠ったとも言いますが、カラーではそういった雰囲気は引き継いでいるんでしょうか


西荻窪から荻窪を過ぎ、こちらはかつてのゴンゾ本社、現スタジオKAI…なんですが、まったく以前と変わっておりません!奥に見える社名もゴンゾのままです!

ゴンゾ-2
で、このビルの2階より上は3、4階を除いてグラフィニカが活動しております。つい先ごろの劇場作『HELLO WORLD』の評判も良い!と聞きますが、さっすが精鋭と名高いだけあります!今後にも期待ですね!グラフィニカについては本社は別場所にあるのでまたあらためて行ってみたいと思います


で、こちらはA-1 Picturesですが…大きい~!本記事でも言いましたが、A-1っておもての通りから隠れるように立っててわかりずらいんですがかなり大きいです!夜だと倒れ掛かってくるように感じます!

A1-2
正面玄関は夜間は施錠してます。ってことで反対側の路地にまわってみれば、

A1-3
やっぱり大きい~!大きいのはスタッフの働きやすさのためでもあるのか、A-1の作画室はまるで静かな図書館のようだなんて聞きますがそうなんですか??


おはようございます。現在深夜4時半です。深夜というよりほとんど朝ですが、本日最後にやってきたのは中村橋の戯画プロダクションであります

戯画プロ-2
戯画プロダクションは海外出しを主とするので深夜はフル稼働かと思いますが、注目したいのはこの2階です!

戯画プロ-3

戯画プロ-4
ここの2階はいろいろと話題になったマギア・ドラグリエが活動していて、つい最近名前を聞く…というかマギア・ドラグリエのスタッフが新たに立ち上げたと思われるエーテル・キトゥンもここで活動してるんですよね。で、気になるのはマギア・ドラグリエは三鷹のNAZビルに登記してるのに対してエーテル・キトゥンはこの場所に登記してるんですよね。何か法律上の制約とかあるんでしょうか??しっかしもう空も明るくなってくる時間だというのに、他社の進行車がやってきたりと…どうなってるんですかアニメ業界はっ!ちなみにビルわきにはず~っとハザード出して停まってる車がいたんですが、もしこれも他社の進行車だったら写真に映しちゃいけない気がするんで隠しときます!!

てことで今回もいろいろと夜のアニメ会社を見てまわってみましたが…やっぱり大変なんですね~。しかしそんな中頑張ってくれているスタッフの皆さまのおかげでアニメを楽しんで見られていることにあらためて感謝です!この場を借りてお礼を言わせていただきます!!