企業名:株式会社スタジオ心
所在地:東京都国分寺市本町4-21-9 国分寺Apartment301

奈良時代に建てられた国分寺に由来する街、国分寺市…その歴史ある街にこちらの会社があります!

国分寺駅
ということでこちらはJR国分寺駅、

駅前通り1

駅前通り2
駅北口からおもての通りを西へ進み、

駅前通り3
前記事のC-Station本社を過ぎてさらにまっすぐ進みます

本町四丁目
するとすぐに本町四丁目というT字交差点に突き当るので、ここを右へ曲がります。ちなみにここを左に行くと国分寺から国立につながる道に合流します。しっかし地名の話で言えば国立って、国分寺と立川の間にあるから「国+立」で国立なんですって!雑すぎません!?

花沢通り1
で、通りを曲がると急に殺風景になってきましたが、

花沢通り2
200mほど進んだ先の右側に小さな路地がありまして、

路地入口
ここですね!この路地へ入っていきます。路地の傍らには聞いたことない名の看板が掲げられてるもんで新規のアニメ会社か!?と思ったらどうやらこれはバレエ教室みたいですね。しかしこの看板がちょうどいい目印になってます!

路地~
路地へ入ったらすぐの角を左へ、

遠景1
するとこんな感じで行き止まりになっちゃうんですが、

遠景2
その一番奥左側をご覧ください

全景
こちらの3階が背景美術会社のスタジオ心となっております!!

玄関前
玄関先を見てみれば、

社名
センスあふれるスタジオ表札が掲げられております!いい雰囲気でてます!

あらためまして、スタジオ心(こころ)は小林プロダクション出身の中村豪希さんがフリーを経て2013年に設立した会社であります。代表でもある中村さんは最近ではガンダムシリーズ『サンダーボルト』で美術監督・美術設定・美術ボードを務め、シリーズ最新作の『閃光のハサウェイ』の美術監督でもあります。メインスタッフの中村千恵子さんも同じく小林プロ出身からフリーを経て~ということで近頃では幾原邦彦監督の『ユリ熊嵐』やA-1 Picturesの劇場作『同級生』などで美術監督を務めてますね!そしてこのお二人、なんとご夫妻なんだそうです!すごいですね~ご夫婦そろって美術監督とは!

スタジオ心は老舗ばかりの背景会社において比較的新しい会社ではありますが、お二人のフリーとしての活躍も含めその実績は確かなもので、TVシリーズや劇場作、3D作品と手広く手掛けてますね~!HPではギャラリーが公開されてますが、やっぱり背景って大事ですね~世界観が伝わってきます!

ってことでスタジオ心には今後も期待していきたいと思います!多くの人材を輩出する将来の老舗スタジオとなってほしいですね!

ちなみに上で書いた「美術ボード」とは、その作品における美術の全体イメージのようなもので、細部の設定も含め背景のすべてを任されたようなものです…ってことで合ってますよね!?