企業名:株式会社プロダクション・アイジー
所在地:(本社) 東京都武蔵野市中町2-1-9
    (府中スタジオ) 東京都府中市小柳町1-19-1

Production I.Gの代表作といえばやはり『攻殻機動隊』シリーズが挙げられるかと思いますが、中でも押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は海外を含め空前の大ヒットとなり、Production I.Gの知名度と会社規模を大きく押し上げた功労作品と言えるんじゃないでしょうか!個人的にも好きですよ~今まで何度観たことか

その『攻殻機動隊』にも言えるようにI.G作品は緻密なリアリティを得意とするかと思いますが、ハイクオリティな作品づくりはさすがI.G!って感じですね!求められるクオリティに対しての報酬は気になるところですが~、他社に引き抜かれたりしないんですかね…。てなことは置いといて、I.Gには作品ファンのみならず会社のファンも多いんじゃないでしょうか

てことでProduction I.Gに行ってみましょう~!

WIT外観
と、早速ですが、Production I.Gはタツノコプロから独立した会社ということもあり、前記事で訪れたWIT STUDIOとタツノコプロの入居ビル最寄りに本社を構えております。ということで今回はここから出発していきたいと思いますが~…横着するんじゃありませんよって??いえ効率は大事です!I.Gにおいても効率良い仕事は重要ですからね!

てことで三鷹駅から進んできた状態からこのビルを通り越し、

WIT~十字路
ビルを通り過ぎると小さな十字路があるのでここをまっすぐ渡ると、

路地遠景
すぐ左手に小さな細い路地があるんですが、わかりますでしょうか

路地入口
ここです、ここ!この細~い路地へ入っていきます!

オフィス遠景
路地へ入ればすぐになんだかカフェっぽいお店が見えてきますが、

オフィス玄関
早くも到着しました!こちらがProduction I.G本社ビルとなっております!1階はI.Gの経営するカフェレストラン武蔵野カンプスとなっていて、お店の壁には漫画家や声優さんなどいろ~んな方のサインが書かれております!ご飯はおいしいと評判らしいですよ~。興味のある方はうかがってみてはいかがでしょうかっ!訪問の際は午後に休憩時間があるのでお気をつけください

オフィス全景
お店の入口には社屋内の案内がありますが、

4F プロダクション・アイジー
   I.Gポート本社 受付
3F プロダクション・アイジー
2F プロダクション・アイジー
1F 武蔵野カンプス
   サイフォン

となっております。サイフォンとは武蔵野カンプスの運営をしている会社みたいですね。一年前あたりはこの他にモーターライズ、トーンアンドマター、きしだGroupとしてスタジオバク、アルファコンプレックスと明記されてたんですが~どーなったんでしょ…。スタジオバクは休止したとのことですが…

で、こちらは本社ビルってことでそのすぐ先には、

スタジオ外観
こちらがProduction I.Gのスタジオとなっております!!I.Gは業界随一の高学歴な会社としても名高いわけですが、スタジオからもどことなく知性を感じさせますねぇ

社屋全景
道が狭いもんでわかりずらいですが、建物はかなり大きいです!

スタジオ玄関
玄関前には他社用一時駐車スペースが設けられております。こんな細い路地に車停めてちゃ近隣の迷惑になっちゃいますもんね、しっかり配慮されております!

スタジオ玄関前

社名
あらためまして、Production I.Gはタツノコプロで制作を務めた石川光久さんを中心として1987年に設立されました。現在でも代表を務める石川社長は経営の才も高く評価されてますね!

アニメ『SHIROBAKO』には石川社長をモデルとしたキャラがそのまんまな感じで登場してますが、作中に登場する会社名「ACツチノコ」はProduction I.G設立当初の社名、I.Gタツノコがモデルとなってますね!ちなみに社名のI.Gは石川社長のイニシャル"I"と、タツノコ時代に制作した『赤い光弾ジリオン』でキャラデザを務めI.Gの現副社長でもあるアニメーター後藤隆幸さんの"G"それぞれのものとなっております

I.Gといったらビジネス!ってイメージが強いんですが(もちろんどの会社もビジネスでやってるわけですが)、発足当初のProduction I.Gは現在はI.Gポートと名を変えWIT STUDIOなどグループを束ねる持株会社となっております。実際にはもっと細かい経緯があるわけですが、とにかく現行のProduction I.Gは新たに設立された会社ってことです!

2018年11月にはI.Gポートグループ傘下であったXEBECの映像制作事業がサンライズへ譲渡されることが発表され、XEBEC本社スタジオはサンライズビヨンドとして改めて組織されました。XEBEC練馬スタジオいわゆるXEBECzwei(ツヴァイ)についてはI.GzweiとしてI.G本体に組み込まれ、法人としてのXEBECは完全に消滅してしまったわけです。これまでのXEBEC作品の版権はI.Gの持ち物とされ、今後のサンライズビヨンド作品についてもポストプロダクション、つまり撮影や音響、編集などはI.Gの管理下ってことで…オイシイとこ取りのえげつない内容となっておりますっ!!

とビジネス面に積極的!かつ敏感なI.Gはボンズと共にいち早くNetflixとの業務提携を結び、すでに数作品が配信済みとなっております。近頃発表された『攻殻機動隊』最新作もNetflix配信作品とされてますね!

Netflixは全話完成の一括納品が条件とされてるのでスケジュールには余裕を持って作られてるかと思いますが~、なんたって世界配信ですからね。制作遅延による配信延期なんてことがあればとんでもないことになっちゃいます!早速やってしまった会社もありますが!しかし今後こういった業務提携により一括納品を前提とした作品が増えていくと、放送ギリギリ納品が常態化している日本のアニメ制作事情にどういった変化をもたらすんでしょうか??

てことで少し話はズレましたが、Production I.Gはこの本社スタジオとは別に府中にもスタジオがあるってことで行ってみたいと思います!ですがその前に、せっかくなので三鷹駅からのルートも記しておきます!  

三鷹駅
まずは三鷹駅北口から、

駅前風景
緑いっぱいの駅前を見渡し、ロータリー向こう側の中央大通りへ向かいます

駅前~ロータリー

駅前~中央通り
ロータリーをぐるりと回り込みまして、

駅前中央通り-1
この中央大通りを進んでいくということですね!

駅前中央通り-2
緑いっぱいで気持ちいいですね~

武蔵野警察署前
そんな緑あふれる通りを進んでいくと武蔵野警察署の前で三鷹通りと合流します

中央通り~路地-1
ここから少しわかりずらいんですが、合流した少し先、右手前の武蔵野警察署の先に小さな路地があるのがわかりますでしょうか

中央通り~路地入口
ここです、ここ!

中央通り~路地-2
ここがさっきのスタジオ前の細い路地になってるってことですね

中央通り~社屋遠景
路地を奥へ進んでいけば、

スタジオ外観
このようにさっきとは反対側からたどり着けます。こっち側から見てもカッコイイ~!しかしこんな細い路地に突如として佇んでるってのが不思議な光景であり、アニメ会社の魅力でもあります!

ということであらためて府中スタジオへ行ってみましょう~!

多磨霊園駅
でやってきたのがこちら、東京都府中市にある京王線の多磨霊園駅であります

駅前風景
駅前風景は~、ハッキリいってなんもないです!いやもちろん銀行とか飲み屋とか駅前っぽいお店はあるわけですが…伝わりやすい表現をするなら、ハッキリいってなんもないです!

駅~線路沿い
そんな駅前北口側からおもてに出てすぐの線路沿いの道へ進んでいきます

踏切
するとすぐに踏切があるのでここを線路南側へ渡ります。この踏切がとにかく長い!

踏切~外観
踏み切りを渡ればすぐにProduction I.Gの社名が見えてきます!このワンちゃんはバセットハウンドという犬種で、犬好きの押井守監督のお気に入りの犬種だそうです。『イノセンス』など押井監督作品には度々登場してますね!

外観
おもてへ回り込んでみれば大きく社名を掲げております!裏路地に控えめに佇む本社スタジオとは変わってこちらは主張強めです!

全景
全景を見渡してみれば、駐車場貸します!となってます!I.Gのスタジオに車を置けて洗車もさせてもらえるなんて…なんて贅沢なんですか!!

案内
と、実はここでは駐車場だけでなくスタジオ自体もレンタルしております!記念写真ほか用途はいろいろ、設備はかなりしっかりしてるみたいですね。カメラまで貸してもらえます!

そもそも何故にレンタルとして貸し出してるのかというと、かつてここで活動していた制作部隊が同じくI.GポートグループのシグナルMDとして転生し三鷹方面へ移り住んでしまったからなわけです。しかしこのスタジオの1階ではプロダクション・グッドブックの東京支社が活動してたはずなんですがーどうなったんでしょ??かつてI.Gはその作風からは意外な『クレヨンしんちゃん』で長らくグロス参加していたのを撤退、代わるグッドブック参加回が実質I.Gのようだとされてますが、グッドブックがI.Gからの独立組であり、この東京支社の代表がI.G出身の方というのが関係してるんでしょうか…??とにかく現在は全館レンタルしてるみたいなんで作業スタジオとしては機能してなさそうですね。一時的にスタジオをお探しの事業者様や綺麗な証明写真を撮りたい~って方は利用してみてはいかがですか!?

また、I.Gは新潟にもスタジオを持っているので機会があれば行ってみたいと思います!!

ということでProduction I.Gを訪れましたが、『攻殻機動隊』のように電脳が一般化した世界になれば溜めこんだアニメも脳に直接DLで全部観たことにできますね!なんて考えるのは安易でしょうか…