企業名:株式会社美峰
所在地:東京都練馬区中村北3-19-9

美峰は主に背景美術を手掛ける会社で、以前は練馬高野台近くにありましたが現在は西武池袋線中村橋最寄りに移転しました。ということで早速ですが美峰に行ってみましょう~!

中村橋

駅前広場
てことでこちらは西武池袋線中村橋駅でございます。中村橋駅って商店街に面してるわけですが、

商店街北側

商店街南側
めちゃめちゃですね!なんか雑です!駅前広場のベンチなんかぶっ壊れちゃったのか、つい最近まで立入禁止のテープ貼られてたかと思ったら撤去されちゃってますね

千川通り
そんな雑踏からおもての千川通りに出て、そのまま正面の中杉通りに進んでいきます

中杉通り-1
この先とにかく道が狭いんでお気をつけください!

中杉通り-2
ほんとに狭いです!しかもこの狭さでバスまで走っちゃってます!

社屋前
この狭~い道を200mほど進み、信号が見えてきたら手前左側をご覧ください

社屋全景
白さ際立つ建物、こちらが美峰の社屋となっております!

社屋外観
特徴的な玄関のこちらのビルですが、

社屋階上
見上げてみればAICの文字が…!そうなんです!ここはかつてのAIC本社ビルだったんです!AICの事実上の解散後、美峰がビルまるごと買い取ったということで現在は自社ビルとなっております。アニメ会社は入れ替わりが激しい…というか、退去した場所に移転とか多いです!

社屋正面

玄関

社名
あらためまして、美峰は法人としては1993年に事業をスタートし多くの作品で背景美術を手掛けてきました

制作実績をみれば、『新世紀エヴァンゲリオン(劇場版含む)』や、『攻殻機動隊(TVシリーズ)』、『マクロスF』、『進撃の巨人』、『ジョジョの奇妙な冒険』といった美麗な背景、特徴ある美術など幅広く手掛けております。参加作品も数多く、あれも見てたこれも見てたとしっかり作品を支えてくれています!

社内の部署としては、
 アニメーション美術部
 設定デザイン 3D製作部
 グローバリゼーション企画開発部
 3Dスキャン 3Dプリント 開発部

と分かれている模様です。美峰では美しい背景美術はもちろんのこと、いろいろと技術開発にも取り組んでいて、実は2D、3Dアニメーション制作も出来ちゃう上、美峰独自の「フォトグラメトリ」という技術まで開発しております!これはかなり大がかりな設備みたいですが、人物や模型などを3Dスキャンして取り込みそのまま3DCGモデルとして動かしちゃうって感じでしょうか??自社HPでも紹介されてますがなんかスゴイですよ!?ワープできそうです!!

背景美術だけに留まらず先進技術も積極的に取り入れていって…もしかしたらいつかは背景発の会社としてアニメ丸ごと1本作っちゃうかもしれないですね!

アニメを見ていて背景だけを注視することは少ないかも知れないですが、背景がなければ画面が成り立たない!てことで、考えてみれば実際の風景をモデルにするだけじゃなく架空のものや現実ではありえない風景なども手掛けるわけで、その創造性は素晴らしいものですね~!

しかしアニメ制作のヤババスケジュールにおいては美術や背景も共に多大に影響を受けるわけで、それにも関わらず背景だけでも先に上げてくれ!みたいな風潮、そして作品が公開され背景が綺麗と評価されても背景会社や美術監督、設定がフューチャーされることは少なく…

なので、背景きれいだな~って思ったならその美術を手掛けている会社に注目してみるのも面白いかも知れないですね!これからも楽しみにしています!