企業名:株式会社スタジオ雲雀
所在地:東京都練馬区豊玉北5-32-6 光音ビル

練馬といえばアニメ発祥の地とされ、西武池袋線の駅通路には日本最初のカラーアニメ映画『白蛇伝』の看板もあります

そんな練馬一等地に活動拠点を置くアニメ制作会社、スタジオ雲雀に行ってみましょ~!

1.練馬駅西口
ということでこちらは西武池袋線の練馬駅西口です。この駅通路には先ほどの、

2.構内
日本最初のカラーアニメ映画『白蛇伝』の看板が立っております。日本最初の、ってことなのになんで中国の民話なんですかね!

3.駅前
てことであらためて、駅からおもての千川通りへ出て、

4.千川通り
五差路を右奥へすすみます

5.遠景

6.遠景
すると左側になんだか無機質な雰囲気のビルが見えてきます

7.全景
それがこちら、スタジオ雲雀でございます!自社ビルです!!お金もってる~!

8.社名
しっかりと社名が刻まれております!下のラークスエンタテインメントは雲雀の3DCG部署を分社化した会社です

9.社名
また、こちらには編集の森田編集室もご一緒しているようです

10.外観
側面から見るとすごい構造…奥行もあるからかなり大きいです

11.玄関
でも最近スタジオ雲雀ってあんまり名前聞かないよ?って人もいるかもしれませんが、制作チームを「Lerche(ラルケ)」というブランドとしてクレジットすることがほとんどなので雲雀名義での制作は少なくなっています。「Lerche」とはドイツ語で「雲雀」を意味するらしいですが、なんで名義を変えているのか…その理由はよくわかりませんが光延社長の風水へのこだわりによるものじゃないですよね!?

オリジナル作品として『練馬大根ブラザーズ』なんていろいろ壊れたアニメも作ってましたが面白かったな~

ちなみに、

12.マンション
スタジオ雲雀の真向かいにはこんな高層マンションが建ってるんで、スタジオ雲雀の大ファンでいつでも雲雀の制作風景を見守っていたい!って方は入居をおすすめします!

そして、そんなスタジオ雲雀は、、

13.夜間
日曜日の夜にもばっちり仕事しております!!!!!

てことでスタジオ雲雀でした~玄関のガラスからイスを並べて寝ている制作さんを見学しに行くのはやめましょ~